Movie
007

グラン・ブルー

原 題
Le Grand Bleu
監 督
リュック・ベッソン
キャスト
ロザンナ・アークエット、ジャン・マルク・バール、ジャン・レノ
製作年
1988年
製作国・地域
フランス

★★★★★

時間によって、日によって変化する海の色。
モノクロでも、色が見えるような美しい海に最初から見入ってしまう。

ジャック・マイヨールが初めてイルカと出会ったのは、なんと佐賀県だった。
それが彼の全てとなる。

すべてが比較されて、価値が相対化される中、
“海”という絶対的な価値を見つけた彼の信念は強かった。
女性としては、そんな彼を信じ、支える人生も悪くないのかもしれない。
しかし、ラストで自分を愛してくれている女性に、
永遠の別れを意味する海の底へと引き込むウエイトのロックを外させる決断をさせたのは、
残酷すぎるように思う。

一生のうちで、自分の中に絶対的な何か、好きなことを見つけられた人は、
それだけで幸せといえるのではないだろうか。
そして、それを見守るジョアンナもそうであったと思いたい。

今では観られない!?ジャン・レノの水着姿にも注目!!

2012.12.17

Movie
006

ザ・ファイター

原 題
THE FIGHTER
監 督
デヴィッド・O・ラッセル
キャスト
マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベール エイミー・アダムス and more
製作年
2010年
製作国・地域
アメリカ

★★★☆☆

ボクシングというスポーツは、題材になりやすい。
三島由紀夫や沢木耕太郎、ヘミングウェイも魅了されたこのスポーツの奥底には
孤独や悲しみ、苦悩や絶望、ほんの少しの希望が見え隠れしているからではないだろうか。

この映画では、ボクシングを通して、“家族”のあり方も描いている。
主人公であるミッキーの家族は、
アメリカの中流で、一般的な家族の部類に入ると思うが、
それにしても登場人物各々の思いやりが“独りよがり”になりがち・・・

そこに登場する第三者のミッキーの恋人のシャーリーン。
家族と離れ、トレーニングすれば勝てると提案するが、
この彼女もまた押しが強い、強い。
やはり、男性は母親と似たタイプに惹かれるのであろうか・・・
などと思っているともう終盤。

街の人からの愛、恋人からの愛、家族からの愛に守られながら、
でもボクシングと自分自身の孤独に向き合うミッキーは、
背負うもの、守るものがある強さを感じる。
それは、無目的に人生を消耗している、今日の日本人よりは、
幸せなのかもしれない。

2012.06.05

Movie
005

マイネーム・イズ・ハーン

原 題
MY NAME IS KHAN
監 督
カラン・ジョーハル
キャスト
シャー・ルク・カーン、カジョール、ジェニファー・エコルズand more
製作年
2010年
製作国・地域
インド

★★★★★

「私の名前はハーン、テロリストじゃない」。
この言葉をアメリカ大統領に伝えるために旅を続ける主人公ハーン。

9.11後、世界は一変した。
日本で生活していると実感はあまりないが、
アメリカ社会はイスラムに対するあからさまな差別が横行していたという。
イスラム教であることを隠す人、
名前を変える人もいたという。

主人公はアスペルガー症候群を患うリズワン・ハーン。
リズワンの家は敬虔なイスラム教徒である。
母は幼いころから彼に、
「世の中には2種類の人間しかいない。
良い事する人と、悪い事をする人。」
人間の違いはそれだけだということを教えてきた。
シンプルな言葉の中に、人種、宗教、身分など全てを超越して、
“善人”と”悪人”しかいない世の中であることを説いているのだ。
この教えを懸命に信じるハーンの姿は、
色眼鏡をして世の中を見る私たちに、透明の眼鏡を差し出してくれるだろう。

こちらの映画。インド映画らしくなく、
最後は誰も踊らないのでご了承ください。

追伸:NYでテロが起き、その後、ごく普通の若者がテロリストと決め付けられ、拘束された事実を当事者の証言によって描かれた『グアンタナモ、僕達が見た真実』も併せて観てもらいたい。

2012.04.17